セレック

歯科用CAD/CAMシステム CEREC(セレック)

最新CADCAM装置 セレックACオムニカムを導入しました。

ドイツで誕生したセレックシステムは、全世界で33,000台が納入され、 今や世界中の歯科医師が注目している最先端のセラミック治療です。

世界で1,000万以上の症例など25年に渡る実績が、
その信頼性を物語っています。
このセレックシステムにより今まで不可能であった、歯を削って
その日のうちにセットするというワンデイトリートメントも可能となります。

セレック治療の流れ

歯を削った後、カメラで口腔内を撮影します
治療する患歯を削った後、従来の型取りをする際の不快感を味わうことなく、
青色LED 3D光学カメラを使用して患歯を撮影(スキャン)するだけ。
わずか数秒、これだけの作業で患部の歯列が目の前のモニター上に再現されます。
※症例によっては従来の型取りを必要とする場合がございます。
コンピューターの画面上で修復物を設計します
モニター上であらゆる確度から、咬み合う部分や形を微調整し理想的な形にしていきます。
設計後、ご用意してある様々な色のセラミックブロックから、
最も適した色のブロックを選びます。
ミリングマシンが設計データをもとに削り出します
ミリングマシンと呼ばれる機械が、コンピュータで設計されたデータをもとに
セラミックブロックを削り出し、チェアサイドでみるみるうちに精度にすぐれた
修復物を加工・作成していきます。
口腔内にセットして治療終了です
削り出されたセラミック修復物を口腔内へセットします。
これですべての治療が完了となります。
CERECで作られた修復物は、10年間で90%以上の残存率を実現します。

セレック治療のメリット

セレックQ&A

どんな症状でもセレック治療は可能ですか?
一般的な詰め物・被せ物といった治療はもちろんのこと、前歯に貼り付けるラミネートベニア治療も可能です。
歯を削る量を抑えて審美的な仕上がりを得られます。虫歯の大きさや咬み合わせの関係など、
お口の中の状態により最適な治療法を検討しますので、当院にご相談ください。
なぜセラミックが良いのですか?
レジン(プラスチック素材)による修復治療と比べて、着色や変色、摩耗といった心配が少なくなります。
金属修復物と比べてもプラークが付きにくく、金属アレルギーの心配もありません。
また、セレックで使用するセラミックは、工場で規格生産していますので、不純物などの混入も抑えられ、
常に品質が安定しています。天然歯に近似した素材として、使用しているドクターから高く評価されています。
本当に通院1日・治療1時間で治療が可能ですか?
虫歯の大きさ・歯ぐき・神経などの状態により、他に優先して行う治療がある場合には、
当日のセレック治療ができないことがあります。また、治療が複雑で複数箇所にわたる場合や、
特殊な色付け加工が必要な場合には、1時間以内の治療ができないこともあります。
まずはご相談下さい。
保険診療は可能ですか?
セレック治療は保険外診療となりますが、セレック治療による様々なメリットは、
コストに見合った治療効果をもたらすものとして、自信を持っておすすめします。

セレック治療の価格

セレックは、従来の歯科治療を変える、患者さまにとってもメリットの大きな治療法です。
ぜひ、当院へご相談下さい。

セレック 全国平均 技工所 当院
クラウン 7〜8万円 120,000円 50,000円
前歯 8〜9万円 120,000円 70,000円
インレー 5〜6万円 70,000円 35,000円

作成期間:<セレック>1時間半程度 <技工所>2週間 / ※税抜金額

詰め物・被せ物の作成期間

セレックによって、詰め物・被せ物の作成期間を非常に短くすることが可能になりました。
従来では、技工所へ型を送り、完成まで2週間ほどかかっていたものが
セレックを使用することで、1時間半程度のお時間をいただくだけで完成いたします。

口腔内カメラ見歯るくん
歯医者さんでしか購入できない歯ブラシとペースト
松岡歯科クリニック0120-982-640
メールでお問い合わせ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
休診日 午前休診 午後休診
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             
休診日 午前休診 午後休診
午後は16:30〜
診療時間
無料
メール
相談
ページ
TOPへ