審美歯科

審美歯科とは

いつまでも健康で若々しく、きれいでありたいというのは今も昔も変わらない人間の願い。
近年では日本でも、アメリカやヨーロッパ先進国の影響で「口元を健康的に美しくしたい」 という希望をかなえる「審美歯科」の分野が盛んになりました。歯を美しくし、魅力的な微笑を作り出す治療。それが審美治療です。

従来の歯科治療といえば虫歯や歯周病、入れ歯などはの機能を回復させるための治療を行ってきましたが、審美歯科治療は、歯全体のバランスや口元との調和までを考え、トータルで美しさを作り出す新しい歯科治療です。白い歯、清潔な歯を保つことは、話をする相手の人にとてもさわやかさをイメージさせますし、自分の笑顔にも自信が持てるようになります。
きれいな歯並びや白い歯を得ることで、歯や口元のコンプレックスが取り除かれ、何ごとにも明るく積極的になることが出来るとしたら素晴らしいことではないでしょうか。

もちろん、審美歯科が提供するのは一時的な見た目の美しさではありません。虫歯や歯周病の治療など、通常の歯科で行っている治療に「美しさ」という視点をプラスした治療を行うのが審美歯科なのです。

当院ではブリーチングやラミネートベニアを主に行っております。
歯科技工士も交えて治療後の色調や形態など事細かく説明致します。
患者様が理解しやすいよう歯科模型や写真(スライド)を用いて十分に確認、納得した上で治療に入るため不安感を与えません。
また、現在までに芸能人の方も手がけてきました。

ラミネートベニア

歯の表面(0.5〜0.7mm、エナメル質の範囲内)を薄く削って、セラミック製の薄いプレートを貼り付けることで、歯の内部まで色素が沈着していて、ホワイトニング等では効果が期待できない変色歯も、この方法で白くすることができます。ラミネートベニアは、主に歯の色を白くしたり、歯と歯のすき間を改善したり、歯の形を部分的に整えるのに最適な治療方法です。また、素材のポーセレン(陶材)は磨耗や変色の心配もなく、 治療期間も2〜3回の通院で完了します。

症例

ラミネートベニア症例:1

治療前
治療後

ラミネートベニア症例:2

治療前
上の歯の先端部分が白くなってしまい、歯を見せて話したり笑ったりすると目立ってしまう…
という悩みを持たれて来院されました。
治療後
ラミネートベニア治療を行うことで、気になる部分も自然な形に治療することができました。
また、若干歯の位置が前後していたので、ラミネートベニアの厚さを調整して、見た目が更に良くなるような治療を行いました。

VITA Easyshade® ビタ イージーシェード

さらに自然な美しさのために。シェードテイキングをサポートする歯科用色測器。

簡単タッチパネル操作で、瞬時に側色

ビタ イージーシェードは、従来に比べ簡単に歯の色を測ることの出来る機械です。
手早く調べられるため、患者様にかかる負担を最小限に抑えることが出来ます。
この機械を使用することにより、前歯での被せ物を作成する際などは、客観的に数値で確認をすることが出来ます。また、ホワイトニング・歯面清掃などの前後の変化も数値で確認できます。

※「ビタパン クラシカル」「ビタ システム 3D-マスター」の両シェード体系に対応しています。

測った結果を、歯の色で段階分けした立体模型と対応した形で表示。見た目にも解りやすい上に、1回分だけではなく数回分の計測結果の平均色を表示することもできます。 ※画像は、天然歯を測定した結果例です。

Natural Teeth ナチュラル ティース

簡単な操作でシェードテイキングの精度・安定性・スピードすべてをレベルアップ。

Tooth single(詳細情報表示)

計測結果表示画面をタッチすることで、さらに以下のような詳細情報が得られます。

Tooth areas(連続側色)
歯の部分部分に対して、最適な歯の明るさを表示します。
Translucency(透明性の評価)
歯の透明度合いを表示します。
実測値表示
計測した色合いをグラフで表示します。
分光反射率表示
光の反射度合いをグラフで表示します。
口腔内カメラ見歯るくん
歯医者さんでしか購入できない歯ブラシとペースト
松岡歯科クリニック0120-982-640
メールでお問い合わせ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
休診日 午前休診 午後休診
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
休診日 午前休診 午後休診
診療時間
無料
メール
相談
ページ
TOPへ