一般歯科

長く自分の歯を保ち、充実した食生活を

『一般歯科』について

歯科医師会が提唱している「8020運動」80歳で自分自身の歯を
20本保つことを目指して、むし歯の治療、歯周病の治療から
ブラッシング指導などを行っています。

歯周病はホームケアが大切です。その方法と指導と定期的なケアを行います。
抜けてしまったり、抜歯して、噛めなくなり審美的にも劣ってしまわれたら
ブリッジや義歯等で補う治療を行っています。
痛みが無く、しっかり噛んで食べられることで、
心身ともに健康が得られると考えております。

一般歯科とは、虫歯の治療をはじめ歯周病予防、歯槽膿漏の治療、
歯の欠損部を補う治療を主とした歯科診療のことをいいます。

当院ではレントゲンを撮影したり、口腔内カメラを使用したりし、患者様の歯の健康状態や治療方針を
丁寧にカウンセリングします。十分に今後の治療に関しご理解をいただいた上で治療を致します。

また虫歯や歯周病の進行を防ぐには、日々の正しいブラッシングが欠かせません。
当院では院長自らが虫歯になりにくくするためのブラッシングを含めた、予防の指導も行っております。

むし歯について

むし歯には進行状態によって、下記段階に分けられます。

 
C1:初期のむし歯の状態です。
むし歯になるとエナメル質に含まれるカルシウムやリンなどが溶け出し、
白い斑点に見えます。この時、自覚症状はほぼありません。
 
 
C2:エナメル質を越えて象牙質まで進行したむし歯の状態です。
象牙細管という管に沿ってむし歯が進行し、冷たいものがしみることがあります。
 
 
C3:神経まで進行したむし歯です。
神経内の血管が充血し炎症が起き、冷たいものがひどくしみます。
何も食べなくてもズキズキ痛みます。
 
 
C4:歯の頭がほとんど崩壊、根のみが残った状態で、
神経に細菌が感染して腐った状態です。
根から周囲組織に細菌が進行し炎症を起こします。
歯を支える骨が破壊され、腫れて痛みが起き、歯を抜くことになります。

C3やC4の状態まで進むと強い痛みがあり、治療もおおがかりになるため、事前の予防と早期治療が重要です。
歯がしみるなど初期症状がある場合には、早めに歯科医院でみてもらいましょう。
また早期発見のためにも定期検診にいきましょう。

当院ではレーザー治療を行っております。
歯のミゾは深く入り込んでいるため、そこにたまってしまった食べカス等は歯磨きだけでは取り除くのは難しいですが、レーザーによってハブラシの届かない所も熱エネルギーによってむし歯菌を除去することができます。

さらにレーザーによって歯が強くなり、むし歯になりにくくなります。
むし歯の程度によっては、レーザー治療のみで虫歯の進行を止めたり、除去することも可能です。

口腔内カメラ見歯るくん
歯医者さんでしか購入できない歯ブラシとペースト
松岡歯科クリニック0120-982-640
メールでお問い合わせ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
休診日 午前休診 午後休診
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
休診日 午前休診 午後休診
診療時間
無料
メール
相談
ページ
TOPへ