口腔内カメラ

顎関節症とは?

食事や物を噛んだ時、お口を開いたり閉じたりする時に傷みや違和感を感じたり、音がする症状を「顎関節症」と言います。顎関節症の原因は様々で、噛み合わせの異常や日々のストレス・疲労等があります。

また、噛みしめや歯ぎしりからなる場合が多く、
こういった一種のクセによって顎の関節に負担がかかり、
顎関節や筋肉へ影響を与えます。
噛みしめや歯ぎしりは歯の摩耗・破折、歯周炎等 歯周組織への影響、
肩こりや頭痛、顔面痛、倦怠感といった全身の問題にもつながりますので注意が必要です。

顎関節症の症状は上記以外に
「口を大きく開けることができない(完全に閉じることができない)、硬いものが噛みにくい」
といった障害もあります。


新しく導入した
デジタルレントゲン装置です

検査は顔・口腔内の写真撮影から歯の型取り、顎の位置の確認、レントゲン、歯周病検査、顔面の筋肉の触診、顎関節の検査等を行います。

そして具体的な治療方法としましては、噛み合わせの調整・矯正、咀嚼筋のマッサージ・ストレッチ、専門のマウスピース、お薬による治療などによって改善することができます。

顎関節症に関するお悩みがございましたら、一度当院へご相談下さい。お早めの治療をお勧め致します。

 


口腔内カメラ見歯るくん
歯医者さんでしか購入できない歯ブラシとペースト
松岡歯科クリニック0120-982-640
メールでお問い合わせ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
休診日 午前休診 午後休診
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             
休診日 午前休診 午後休診
午後は16:30〜
診療時間
無料
メール
相談
ページ
TOPへ