ホワイトニング

患者様からのご質問と回答

掲示板にて患者様からいただいたご質問の中から、
いくつかを抜粋して掲載しております。

私は化学物質敏症で10年以上前から不自由な生活をしており、
ここ7〜8年前からは歯科クリニックには通院できなくなってしまいました。
先生の所では、化学物質過敏症患者も診察してくださる由聞きました。
早く治療をしなければという気持ちはあったのですが、
体調不良になるのが不安で躊躇して時間だけが過ぎてしまいました。
場合によっては建物の中に入ったらすぐに「失礼します」なんて事にもなりかねないので心配しておりますが、
治療をしていただけますか?
化学物質過敏症患者も診察していますが、特別な事をしているわけではありません。
匂いに反応する方には、特別に時間をとり、窓を解放し外気と同じ中で治療する、
化学物質過敏症の原因物質である化学薬品・有機溶剤・金属を極力使用しない、
など症状をお聞きして対処している程度です。
先ずは電話で予約がてらご相談ください。
奥歯が、欠けたようですが、なかなか歯科に行けずそのまま放置していたら、
時折、しみたような痛みが、出だしてきました。虫歯になってしまったのでしょうか?
早急に治療したいと思うのですが、最短で、どれくらい日にちが、かかりますか?
一回の治療時間は、どれくらいでしょうか?
欠けた後放置していてしみてきたのであれば、むし歯の可能性が高いでしょう。
治し方(材料)にもよりますが、最短その日にレジン(プラスチック)で埋めるだけの処置で
済むケースがあり、時間は10分ほどです。
強度的には脆弱なのですが永久的処置として保険適用ではあります。
今まで歯医者には行ったことがなく、検診も小中学校でするもの以外でしてもらったことがありません。
歯磨きの際に血が出やすいので口内のチェックと歯石取りをしてもらいたいのですが、
こちらでは保険は適用されるでしょうか。
歯磨きの際に血が出やすいのであれば、
口内のチェックと歯石取りは歯周病ということで保険適用になります。
中学1年生13歳の娘が、最近出っ歯になってきており矯正をお願いしたいのです。
通常の場合、治療に掛かる総金額と期間を教えてください。宜しくお願いします。
中学1年生13歳であれば、おそらく上顎前突矯正には永久歯を1〜2本抜歯して
間引いた場所に並び替える必要があるでしょう。抜歯は病名を付与すれば保険診療で行えます。
通常片顎だけで30万円〜かかり、期間は移動を防ぐ保定までで2〜3年かかるでしょう。
転勤転居があると途中になりますので受験なども踏まえて矯正方法を選択してあげてください。
口の中に違和感を感じ見てみると、黒く石灰化した歯らしき物が口の中にありました。
自分の歯をよく見ると昔治療した歯の被せものの脇から落ちてきたようなのです。
だいたいどれくらい通えば完治することが出来るのか知りたいです…
おそらく、以前治療した脇から2次カリエス(虫歯)になったのだと思います。
古い詰め物を外して、虫歯の範囲まで削りなおし、型を取り詰め替えをするだけで済めば2回で終了できます。
虫歯の進行が古い詰め物の内部まで深く進行していると、神経処置になりますので何度も通わねばなりません。
八重歯の矯正を考えております。裏側矯正はそちらでは可能なのでしょうか。
もし可能なのであれば費用なども教えていただけると幸いです。
裏側矯正は当クリニックでは行っていません。
ご希望のかたは矯正専門医をご紹介しています。
費用は通常矯正の倍近くかかると考えてください。
8年程前に虫歯で真ん中の前歯の神経を抜き、6年前に被せ物をしました。
その前歯に違和感を感じます。痛くはないのですが、浮いているような、噛むと響くような。
神経を抜いた歯でもこのようになるのでしょうか。
また、治療をするとなると、また新しい被せ物を作らなくてはいけないのでしょうか。
以前は保険外で作ってもらいました。
歯の神経を抜き、被せ物をした歯が違和感を感じ浮いているような、噛むと響くような…
というような症状であれば、根の先に病巣(膿)が出来たか、歯槽膿漏が考えられます。
神経を抜いた歯でも再発はありえます。 治療をするとなると、残念ですが新しい被せ物を
作らなくてはいけないケースは多いでしょう。
先日から10年以上前に詰めた歯が熱いものを食べてもしみるようになってきました。
定期的にほかの歯科医院に通っていますがレントゲンを撮った際にも何もいわれませんでした。
詰めたところの下から虫歯になっている場合もあるのでしょうか?
古い詰め物は、合着に使用するセメントが崩壊して、外れやすい、噛んだ時に痛む・染みる、
詰め物の脇(下)で虫歯になっているなどが考えられます。
知覚過敏は歯槽膿漏が進行し根が露出してきてもなりえます。
レントゲンは、撮影の種類・方法(角度)・詰め物の種類などで写らない場合もあります。
子供が3才児健診で叢生を指摘されました。気にはしていたのですが、いざ指摘を受けて困っています。
治療のタイミングや方法、費用、期間を教えていただけませんでしょうか。
お子様の気になっていた叢生(そうせい)を指摘されて、さぞかし気落ちしていることでしょう…
まだ3歳児ですから、これから身体の成長とともに顎顔面の大きさも大きくなりますし、
最終目的は永久歯の歯並びですから今からクヨクヨしなくても良いと思いますよ!

勿論、成長を利用しつつ、今からでも取り外し可能な矯正装置を使用し、永久歯の歯並びを誘導する為、
予備的に顎を広げる等の治療は可能ですが、本人が嫌がれば装着しておくことは出来ません(過去に同じような
年齢と症状のお子様が居られて、その子は上下装着していましたが、子供のほうが装置に対し順応性はあるようです)
期間は卒園〜小学校入学の前歯が生え変わる頃を目安にし、費用は基本:片顎30万円と月々の調整料5,000円に消費税
装置の作り直しが成長・破損などで必要な場合には50,000円ほどかかります。

虫歯にしないように、糸ようじ・デンタルフロスの使用は心がけてくださいね!!!
セラミックでラミネートを考えてます。価格表をのせてもらえないでしょうか
一時期掲載していましたが、技工価格が変動するので敢えて価格表は掲載していません。
直接お問い合わせください。
他の歯科で歯周病の治療をしたのですが、治療終了となった現在も歯茎がぶよぶよとした感覚が残っています。
この状態を歯科の先生もご存知で終了とされたとは思うのですが、どうにも聞きづらい感じですので…
保険治療上、歯周病は「歯の揺れ度合い」「歯肉出血」「歯周ポケットの深さ」などを、
プラークや歯石の付着具合等を測定して判定しますが、併せて、患者さんの生活スタイルやリコール・通院に応じ
程度を考えて総合的に判断して治癒・終了とする先生が大半だと思います。

リコールの約束はしているでしょうか?
時間の経過も加味しなければなりませんが、もしも心配であれば、担当医に尋ねるのが1番ですね。
親知らずが少し前に痛み、現在は治まったのですが、やはり抜歯をしたほうがよろしいでしょうか。
現在6ヶ月の子供がおり授乳中です。その場合は薬を使っても問題ないのでしょうか。
影響がない状態になるまで待ってから治療をしたほうがよろしいでしょうか?
親知らずが存在するまま、妊娠・出産をなさったんですね。
虫歯や歯周病、今後の妊娠・子育てをしていく為に、親知らずは処理しておいたほうが無難でしょう。
抜歯にあたり、麻酔はほとんど汗・糞尿に分解されて排出してしまいますし、痛み止めも日本産婦人科学界が
妊産婦さんや授乳中の方に第一選択薬としてチョイスしているお薬を処方しています。
それでも心配であれば、離乳食になってから抜歯されたら如何でしょうか?
前歯がとても大きく小さいころから比べて長くなっています。
とても困っています。小さくすることはできるんでしょうか??
歯の大きさ自体は大きくなることはありませんので、年齢が解りかねますが…
歯槽膿漏による歯肉退縮により、見かけが長く見えてきた事が考えられます。
長さはある程度であれば、削合出来ます
来月3歳になる息子ですが、歯科検診で「開咬」と言われました。
確かに右上部3本ほどの歯が下の歯よりも引っ込んでいて全くかみ合ってません…
原因としては、あまりにも寝つきの悪い子であるために、夜寝るときだけおしゃぶりをしていました。
お恥ずかしいですが、1ヶ月前にようやくとれたばかりです。
近々、フッ素の塗布もお願いしようとは思いますが、開咬のほうはこの月齢で治療したほうがいいのでしょうか?
また、虫歯以外で家庭で気をつけていくことがあれば教えて欲しいのですが…
3歳は指しゃぶりを止めて戴く指導年齢ですから、おしゃぶりも丁度取れて口腔内環境がかわりますし
発育成長を見つつ、観察していかれたら良いかと思います。
フッ素塗布は3〜4ヶ月に1度はしたほうが良いでしょう。
口腔内カメラ見歯るくん
歯医者さんでしか購入できない歯ブラシとペースト
松岡歯科クリニック0120-982-640
メールでお問い合わせ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
休診日 午前休診 午後休診
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             
休診日 午前休診 午後休診
午後は16:30〜
診療時間
無料
メール
相談
ページ
TOPへ