フッ素・シーラント

フッ素塗布について

歯の表面にフッ素を塗布することで歯の質を強くし、虫歯になりにくくする治療法です。

フッ素塗布は歯全体への予防処置となります。
フッ素塗布と下記でご説明をします「シーラント」の2つの治療を行うことで
「虫歯の予防効果は高く」なります。
またフッ素塗布・シーラントは定期的に行うと効果的です。

フッ素のはたらき

フッ素はムシ歯予防に、4つの働きがあります。

  • 1.歯の中に取り込まれ、より酸に抵抗力のある歯となり、ムシ歯になりにくくする。
  • 2.細菌が酸を作るのを抑制する。
  • 3.抗菌作用がある(口の中の細菌数を減らす)
  • 4.再石灰化の促進作用(溶け始めた初期ムシ歯を再び硬くする)。

フッ素は乳歯、生えはじめの永久歯に多く取り込まれ、3〜6ヶ月ごとに塗ると効果的です。
フッ素を塗った後は30分ほど、飲んだり、食べたり、うがいをしたりしないでください。

なるべく口の中に長くフッ素があるほうが効果的です。
フッ素は大量に飲み込むと中毒を起こすことがありますが、フッ素塗布後の唾液は、飲み込んでも大丈夫です。

フッ素塗布 1回 1,080円(税込)

シーラントは特にお子様の永久歯へ効果的です。シーラントで虫歯予防を行いましょう

「シーラント」とは奥歯のかみ合う面(咬合面)へ行う虫歯の予防方法です。お子様の生えたての永久歯はやわらかく虫歯になりやすいため、シーラントがお勧めです。

奥歯の溝には、歯ブラシの毛先が入り込まない細い深い溝があります。
歯磨きをしても食べかすがいつも残ってしまい、虫歯になりやすい場所です。
そこで虫歯になる前に、深い溝に合成樹脂を流し固め、
溝を浅くする処置がシーラントです。
シーラントは歯を削らずに溝の底だけに流すので、かみ合わせは変わりません。

4年以上で約60%の虫歯予防効果が認められており、フッ素塗布との併用によって 更に予防効果は高まります。

シーラントは歯を削ったりすることなく痛みもありません。
また、多くの場合が保険治療で処置が可能です。

治療時間は歯一本につき、約5分です。
お子様の虫歯が心配といった方はお気軽にご相談下さい。

口腔内カメラ見歯るくん
歯医者さんでしか購入できない歯ブラシとペースト
松岡歯科クリニック0120-982-640
メールでお問い合わせ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
休診日 午前休診 午後休診
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             
休診日 午前休診 午後休診
午後は16:30〜
診療時間
無料
メール
相談
ページ
TOPへ